美容室の常連になると

美容室の常連になると

みなさんは今通っている美容室にとっていわゆる「常連客」でしょうか?そう言われるとおそらく「どのぐらい長期間通っている事を常連って言うんだろう?」という疑問がわいてくると思います。確かに常連客になる、というのはどの程度の頻度や年月でその美容室に通っている人の事を指すのか、というはっきりした定義がありません。その美容室がその人の事を常連客だ、と思うタイミングと言うのは、各美容室の考え方によると思われます。良くある話で、初来店から数回目まではとても親切にしてくれていたのに、その美容室に行くことが当たり前になってきたぐらいから、段々と美容師の対応が悪くなってきたと感じる、というのがあります。美容室もプロですから、どんなお客さんが来店してもそのお客さんが何度目の来店であっても、きちんと応対するのが仕事だとは思うのですが、やはり「馴れ合い」というのがあるのでしょうか。もしかしたら「この人はもうこの美容室の常連だから」という安心感からくるものなのかもしれませんね。ですが実際に「常連だから手を抜いても良い」と思っている美容師と言うのは存在しないのではないでしょうか。みな一生懸命にやっているつもりでも、無意識にお客さんにとって「手を抜いている」と感じさせてしまう部分があるのかもしれません。美容室の常連になると、なんとなく接客の手を抜かれているように感じる、という話は良く耳にする事ですが、その中でも具体的に「他のお客さんの方へ行ってしまって放っておかれる時間が増えた様な気がする」と感じるケースが多いようですね。これは美容師側の意見を聞いてみると、おそらく美容師が優先して対応しているのは新規のお客さんだと思うんですね。新規のお客さんと言うのは美容室にとっては特別なお客さんだと言ってもいいんですね。なぜかというと、その新規のお客さんに対してその時に真摯に向き合うかどうか、という事が、今後そのお客さんがまた来店してくれるかどうかにかかっているからです。多くの初来店のお客さんは何らかのメリットがあるからその美容室を選んできているんですね。たとえば初回限定のクーポンなどです。ですが実際に来店してみてそれ以上のメリットが見いだせなければ、おそらくそのお客さんはまた別のクーポンが使える美容室へ行ってしまうでしょう。クーポンがきっかけでこの美容室に来たけれども、とても良くしてもらったから次回もここに来よう、と思ってもらう事が美容室にとっては一番大事なわけです。ですから失敗するなんてとんでもない事ですし、待たせたり、不快な思いをさせる事は絶対にしたくないわけです。そうなってくるとタイミング的に常連さんを待たせてでも、新規客への応対を優先してしまう事もあるんでしょうね。青山 美容院