変化してきた美容室の名前

変化してきた美容室の名前

みなさんは自分が通っている美容室の店名についてどのように感じていますか?もちろんその美容室を選んだのは「名前が良いから」ではなくて技術やサービスで決めているのだとは思いますが、美容室を探しているときに、なんとなく印象に残る美容室の名前ってありますよね。逆に「これ何て読むの?」というような店名も多いものです。かつて美容室の名前と言えば○○美容室と言うパターンが多く、その名前は実際に美容師の苗字や名前からとったものが多かったものです。今でもその名残なのか、人名をそのまま使っている美容室もありますよね。ですが最近ではフランスとかパリのようなファッションのイメージが強いネーミングも多いものです。英語ではないので読みにくいな、と思いますが、その響きはソフトでなんとなく品の良さを感じさせるような店名も多いものです。またかつては○○美容室、のように「美容室」という言葉を店名に入れているのが普通でしたが、今では「サロン」とか「ヘアメイク」「ビューティ」とかという言葉を使った店名も増えてきましたね。そういう言葉を使うようになってから店名の種類もとても増えたように思いますね。中には店名を見ただけでは病室とは思わないようなネーミングもあったりします。美容室の経営者はどのような思いでそれぞれの店名を付けているのでしょうか。美容室の店名と言うと、今ではほとんど日本語や漢字で表記する美容室は見かけなくなったように思いますね。昔ながらの地域密着型の個人経営のお店は、今でも個人名を使った美容室がありますが、いわゆる激戦区と呼ばれるような美容室では、ほとんどがアルファベット表記か、カタカナ表記です。使われている言語も日本語のものはほとんどありません。その多くが英語でもない、という感じがします。使われている言語はイタリア語、ラテン語、フランス語、ギリシャ語、など日頃私達があまりなじみのない言語であることが多いのです。また造語も多く使われている感じです。美容室とかハサミ、水などをイメージして作った単語だったりするようです。またかつてのように人名を用いるにしても、人名に使われている漢字の意味をどこかの言語で訳したものを用いたりするようですね。それほどまでに店名に工夫を凝らすようになってきたのは、一つには商標の問題があるようです。他の人が直ぐに思いつく様な店名にすると、後で問題になる事が多いのです。また珍しいネーミングをする事で、ブランドイメージを強く打ち出す事が出来る、という効果もあるようです。たとえば「山田美容室」というよりは「YAMADA」と表記した方がブランドイメージがありますよね。青山 美容室