検索される事を意識する

検索される事を意識する

みなさんが美容室の店名を必要とする時って、どんな時でしょうか?そのひとつに「ネットで検索する」と言う事があると思います。「人から聞いたんだけどどんなお店かな?」と思った時や「行こうと思うんだけでど場所が分からない」と言った時には最近ではネットで検索するのが一番です。ですから美容室の店名を新たに考える時には、この「検索される事」を意識して考えなくてはいけないと思います。なぜなら「検索しても出てこない」となると人々は「ネットに情報が上がらない程度のレベルのお店」と判断してしまいますし、「検索し出てこないから別のお店にしよう」と思われてしまう事も有るんですね。ですから検索される事を意識する、つまりSEO対策と言う事をきちんと考えて店名を付ける事は、それだけでも他店との競争に勝てるチャンスがある、という事になる訳です。みなさんがよく感じるのは「検索してもどれが自分が必要としている情報なのかわからないぐらい同じ名前の店がある」という事ではないでしょうか。2ページも3ページも開かなくては目当てのお店が出てこない、というのではその時点で「不便だ」と感じます。つまりできることならば検索をかけた時にページのトップに出てくるぐらいの店名であることが求められるんですね。店名を考える時に、その名前の響きも大切ですが、その名前を人々が発音しやすいかどうか、という事も良いネーミングになるかどうかを左右すると言われています。たとえばみなさんは「あかさたな」というアの音が入っている文字を発音する時には比較的スムーズに発音する事が出来ますし、発音された音も快活なイメージがありますよね。ですが「いきしちに」というイの音や「うくすつぬ」というウの音だと、なんとなく発音しにくかったり、聞き取りにくかったりするものです。イの音もウの音も口をしっかりと開けて発音するのではなく、横に伸ばしたり唇を小さくすぼめて発音するからなんですね。この違いは大きいと思われますね。発音しやすい、という事は聞き取りやすい、という事にもつながります。聞き取りにくい店名と言うのは、人から説明されたも耳に残らない事がよくあります。その美容室の内容は聞いたけれども何て名前だったっけ?という感じになりやすいのです。またどんな単語でもリズムがあります。長い言葉や発音する時にアクセントがつけにくい単語だとリズムを感じる事が難しいです。そういう単語はなかなか頭に入らないものです。英単語の暗記をする時に、比較的リズムのある単語は覚えやすかった記憶が、みなさんにもあるのではないでしょうか。竹ノ塚 美容院