商標登録

美容室の店名 商標登録

美容室の店名に限った事ではありませんが、何か名前を付ける時に気を付けなくてはいけないのは、商標権を侵害してしまう事です。最近では美容室も昔とは違って企業体形を取っている美容室も増えてきました。チェーン店を多く抱えている様な美容室ですね。そういう所だと、自分の店名に対してきちんと商標登録の事務的な手続きを取っている場合が多く、それと類似した店名を使うと商標権を侵害している、と見られて訴えられるケースが出てきます。そうなると、お店のイメージが悪くなるばかりではなく、美容室にも大変な損失をもたらします。なぜなら訴えられたら当然店名を変更しなくてはいけませんから、それまで使ってきた看板、ロゴの付いたものなどは、すべて撤去して、新しいものに作り替えなくてはならなくなります。それは大変経費の掛かる作業となるはずです。ですから美容室の店名を考える時には、候補の店名が商標登録されたものと類似していないか、という事をまずチェックしなくてはいけません。「美容室」と聞いて思いつく単語というのは、だいたい類似しているケースが多いものです。単に店名だけではなく、使おうとしているロゴやマークなどもきちんとチェックしておくことが大切ですね。そういう意味でも、他のお店が使わないようなオリジナリティーが必要になってくるんですね。美容室を店名で検索する時に、なかなか出てこない名前、というのはどうして出てこないのか、という理由があります。それは他にも同じような店名がたくさんあるから、というケースが一番多く、それだけでも不利な状況になってしまいます。また美容室としての店名が同じ、というだけではなく、美容室以外の関係でも良く使われるワードというのと混同されてなかなか検索に引っかからない、というケースも有ります。たとえばネット用語で使われている様なワードが冒頭に来るような店名だと、他のワードと混同されてしまって、なかなか出てきません。「HOME」とか「TOP」とか「NEXT」などです。そう言った事からも英単語を使った美容室の店名、というのは避けられているのかもしれませんね。これがフランス語やスペイン語などで表す店名にしておくと、同じ「HOME」という意味でもスペルが違ってくるので、「HOME」と混同されて検索にかかる事が無くなります。おそらくどの美容室でも自分の店のイメージとして湧いてくる単語というのは、似た様なものだと思うのですが、それをいかに他のお店とは違う綴りで表記するか、またどんな言葉と組み合わせて店名にするか、という考えかたがとても大切になってくるようですね。その美容室しか考えなかったオリジナリティーが必要になる訳です。美容室 小岩 カット カラー パーマ トリートメント 人気 安い