悩める美容師 拘束時間

悩める美容師 拘束時間

美容師の悩みの中で多くの美容師が訴えるのは拘束時間が長い、という事です。私達が思うのには、美容師の仕事時間と言うのはお店が開いている時間と同じ、と考えてしまいますがそうではないようなんですね。もちろん準備とか片づけがあるのは解るのですが、美容師の皆さんはそれ以外でも閉店後に自分のテクニックを磨く練習の時間、というのがあるようです。それはまだデビューしていないアシスタントさんに関する話だろう、と思うかもしれませんが、そうではなく、アシスタントさんの練習のためにはそれを指導する先輩美容師もその時間に付き合う事になります。またいくらベテランの美容師だからといって現状のテクニックに満足していては、他店の美容師に勝つことは出来ないものです。なぜなら美容師の仕事というのは常に流行の最先端を意識していなければならない仕事であり、そのためにはその流行の情報を入手する事も仕事であり、それを自分のテクニックでお客さんに提供する事が出来る様にならなくてはいけません。流行は同じものが長く続くわけではなく、むしろ常に短いサイクルで変化するものです。そうなってくると美容師は常に最新のテクニックを身に着けるための研究や練習が欠かせない訳です。お店の営業以外にもこういった影で努力する時間がとても長いようです。美容師は給料が安い、という話は良く耳にする話です。もっともこれはその店舗にもよります。その店舗が儲かっていればそれなりの収入はあると思いますし、決して給料が安い、というレベルの美容室ばかりではないと思われます。ですがその店舗による、という部分が曲者で、トップの考え方次第で雇われている美容師の給料は大きく違います。中にはトップが得る収入はとても多いのに、スタッフの給料はとても少ない、という体質の店舗も有ります。ですから給料面で満足できるかどうか、という事はその店舗がスタッフの事をどのように扱っているか、という事にかかっていると思われます。ですから少なくとも就職する時には、そういう点をきちんと確認する事がとても大切になると思います。どんなに美容師と言う仕事が夢だったのだ、と言っても、先立つものが無いと生活できないのは誰でも同じです。すさんだ生活をしながらお客さんにトレンドのヘアスタイルを提供する、なんて事は、本当はおかしな話ですよね。経営もスタッフの懐具合も、少しは余裕のあるような美容室の方が、絶対によいサービスをお客さんに提供する事が出来ると思うのです。ですから美容師として働こうと思う時に、どの店を仕事場として選ぶか、という事はその人のその後の美容師人生を大きく左右すると思われます。池袋 美容院