リピーターになってもらうために

リピーターになってもらうために

美容室がお客さんに対して願っている事は、その美容室のリピーター、つまり常連さんになってもらう事なんですね。そのために美容室が良くやる戦術としては、お客さんの満足度を上げる、という戦略です。とにかくお客さんが満足してくれるようなサービスを考えてばかりいる訳です。割引をする、特典を付ける、などです。ですがもしもお客さんがその美容室に対して満足できる点が2つあったとしても、もしも不安に思う事や権を感を抱く様な事が3つあったらどうでしょう?結果的にはプラスが2でマイナスが3と言う事になりますから、合計すればマイナス1で、マイナスな気持ちの方が勝ってしまい、その美容室に対する評価は良くない、という事になってしまいます。つまり美容室がお客さんに続けて通ってもらおうと思うのであれば、「良かった」と思う内容を増やす事ではなくて、「嫌だった」と思う内容を減らす事を徹底して考えた方が良いのです。そしてそれはお客さんを喜ばせる事よりもずっと難しい事であることを覚悟しておかなくてはいけません。多くの美容室は簡単な「喜ばせる内容を増やす」という戦略に走りがちです。そのようが楽だからです。誰もが思いつく割引、特典、などを他の美容室の同じ様に並べているだけでは、他店との競合には勝つことが難しくなります。より難しいマイナス面の改善に取り組む事こそが武器になると思われます。お客さんが美容室に期待している事、というのはどのお店に対しても同じような事だと思うんですね。キレイになりたい、素敵なお店に行きたい、素敵な美容師さんに出会いたい、などです。ですが逆にお客さんが不安に思う事、嫌悪感を抱くく事、というのはそれぞれだと思うんですね。美容室がなすべきことは、お客さんに期待をさせる事だけではなく、そのマイナス面を取り除いていく事だと思うんですね。どんなに楽しみにしている事があったとしても、同じように不安や嫌悪感があると、その期待感はどこかへ行ってしまいます。ですからまずはお客さんが何を不安に思っているか、何を嫌がっているか、という事に気付いて、それを一つ一つ改善していくことが美容室経営の成功のカギになると思われます。そしてお客さんのマイナス心理、というのは「これがマイナス」という決まったものではなくて、あるお客さんにとってはとても嬉しい事でも、別のお客さんにとっては嫌な事になっているケースがあります。一番解りやすいのはお客さんとの会話です。「お客さんとの会話を弾ませればお客さんは喜ぶ」と考えるのはまちがいで、会話を嫌がっているお客さんにいち早く気付き、負担にならない会話を心がけるようにする、という対策が必要になるんですね。表参道 美容室