クセ毛の種類

クセ毛の種類

クセ毛の人、と簡単に言いますが、クセ毛と言うのも色々と種類があるようです。クセ毛の人をじっくりと診断してみると、クセが根元から出ている人もいれば、根元はストレートなのに3センチぐらいの所からクセが出ている人、そして毛先に向っていくほどクセがひどい、と言う人もいます。これらのくせ毛の種類、というのは髪質が固いのか柔らかいのか、と言う事にも左右される様です。そしてその髪の毛の硬い・柔らかい、というのは、髪の毛の成分の中の「シスチン結合」と「水素結合」の比率で決まると言われています。クセ毛も元を考えたら髪の質によるものなんですね。「シスチン結合」というのは痛みやすく硬い髪の毛に多く存在し、逆に「水素結合」というのは、傷みが出にくく、やわらかい髪の毛に多く見られます。ですから縮毛矯正をした時には、柔らかい髪の毛は伸びやすくて傷みが少なく、固い髪の毛だと伸びやすくて傷みやすい、と考えておくと間違いない、と言われています。ですから縮毛矯正に限らず、三軒茶屋 美容室で髪の傷みを気にする時には、その施術そのものによる影響も考えなくてはいけないのですが、その前に自分の髪の質も影響する、と言う事を知っておかなくてはいけません。そもそも傷みやすい髪の毛であるにもかからわず、さらに痛みをもたらす施術をするのは、ダメージがより大きくなる、と言う事になります。