無理をしてオシャレにしているのでは

無理をしてオシャレにしているのでは

美容師のイメージは、男性女性共に、オシャレで素敵なイメージと言うのが着いて回ります。それは美容師自身がもともとそうであるから、美容師になったのだ、と言う事も有りますが、実際に仕事として美容師をしている場合には、オシャレで素敵なイメージであり続けなければならない、と言う事も有るかもしれませんね。そういう目で見てみると、美容師と言うのは、いつも自分の出で立ちや立ち振る舞いを気にしていなくてはならない、とても大変な職業では?と言うイメージも湧いてきます。実際にお店に出ていない日でも、最近のトレンドや、若者の好みなどを調べてみたり、実際に町を歩いて研究している様な美容師もいるようです。もちろんそういう事が好きだから美容師をやっている人もいるのでしょうけれども、そうあり続けるのは、大変な事でしょうね。オフの日には美容師の皆さんは、意外とラフで質素な感じで過ごされている人もおいのではないでしょうか。吉祥寺 美容室みたいに華やかで素敵な職場であると同時に、大変な職業でもある、と言う感じがしますね。そしてそうやっていつもきれいにしたりカッコよく決めている事が、逆にチャラチャラしている、とかナルシストっぽいとか、というマイナスイメージや派手なイメージにつながるのは、皮肉な事ですね。