縮毛矯正を左右する「軟化」

縮毛矯正を左右する「軟化」

縮毛矯正をするにはそのプロセスがいくつかあるのですが、縮毛矯正の出来を左右するのは最初の薬剤を使う「軟化」という工程を完璧にする事が大切だと言われています。そのためにはもちろん美容師さんの技術と言うのも必要なのですが、まずは「軟化」を完璧にするだけの薬剤の量が必要になりますし、その薬剤で完璧に髪の毛の質を軟化させるだけの時間も必要になります。縮毛矯正が時間もお金もかかる施術になる事はこういう事なんですね。ですからなかなかあの料金を支払ってまで縮毛矯正をする、というのには抵抗がある人が多いのかもしれませんが、なぜそれだけの時間やお金がかかるのか、と言う事を知っていれば納得できると言う感じですね。完璧に髪の毛を軟化させることのできた縮毛矯正であれば、クセが戻ってくるのは8か月後ぐらいだ、と言う人もいます。かなり長持ちしていますよね。元からのクセが根元から出ていて、なかなか縮毛矯正が難しい人でも4か月ぐらいは持つ、と言われています。縮毛矯正が効いている間はヘアアイロンをする人う様も無いほどだ、とも言われてますから、縮毛矯正を考えるならば、高田馬場 美容室値段も有りますが、その技術を確認してからの方が良いですよね。安い縮毛矯正で持ちが悪くて何度もかける事を考えると、高い料金は納得できますよね。